>

自分が捨てたごみの行方

この記事をシェアする

ペットボトルはどう、リサイクルされるの?

ペットボトルはどのようにして、リサイクルされているのでしょうか。ペットボトルは、ユニフォーム、カーペット、マイバック、卵のパック、クリアファイル、洗剤のボトル、飲料ボトル、排水桝蓋、植木鉢、トレイ、PETバンド(テープ)など、様々なものに、リサイクルされています。
リサイクルの過程としては、ステップ1、資源化センターで人の手で異物を取り除き、機械で圧縮した後に、中間施設に運ばれます。ステップ2、中間処理施設では、ペットボトルを洗って乾かし、8mm角位の小片に粉砕してから、また洗って乾かします。こうして完成したものを、リサイクル業者に出荷します。ステップ3、そこで、細かく砕かれ、洗ったものが、リサイクルされ、ユニフォームなどになります。

プラスチック製容器包装は?

プラスチック製容器包装は、コークス、ガス、プラスチック製容器包装の中の、炭化水素油は、テニスラケット、容器包装、ペンキなどの塗料や、電子材料の原料にリサイクルされます。リサイクルの過程としては、ステップ1、回収されたプラスチック製容器包装は、そのまま、中間処理施設に運ばれます。中間処理施設では、袋を破って中身を取り出し、リサイクルできないものを取り除いていきます。ステップ2、それを機械で粉砕した後、再び選別します。その後、さらに細かく粉砕し、圧縮して、固形の塊を作ります。ステップ3、その固形の塊を、コークス炉で熱し、コークス、炭化水素油、ガスに熱分解します。それぞれ、コークスは、化学燃料の代替燃料として、炭化水素油は、プラスチックの原料等として、ガスは、製鉄所の発電所等でリサイクルされています。


トップへもどる